【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部合格を目指す方におすすめ予備校情報をご紹介!

医学部合格のために大切なものは何でしょうか?やはり、受験勉強のための環境は非常に重要ですよね。

集中できて、モチベーションを保てる。そんな環境が受験勉強には必要不可欠です。

当サイトは医学部合格を目指す方一人一人が、自分に合った予備校を選び、合格までの道のりをスムーズに歩めるよう、応援する目的で立ち上げたものです。

そのため、当サイトでは5つの予備校情報をランキング形式でお届けしています。各予備校の強みや比較したいポイントなどをまとめているため、現在予備校選びで迷われている方も要点を押さえて比較しやすいかと思います。

なおランキングは、WEBアンケート調査を実施し、その結果に基づいて順位を決定したものとなっています。

予備校の選び方や事前に済ませておきたい準備など、必ず役立つ豆知識もご紹介していますので、予備校情報とあわせてご一読いただければ幸いです。

偏差値が高くないと医学部は受けられない?医学部受験事情

「医学部を受けるためには偏差値が高くないといけない」と考えていませんか?合格ラインに対し偏差値が足りていなければ、学校の先生や周りから「医学部合格は諦めなさい」と厳しい言葉を投げかけられることもあるでしょう。たしかに生半可な気持ちで受験すれば合格は難しいというのが医学部。しかし、現時点で偏差値が低くても、合格のために全力でサポートしてくれる場所はあります!せっかく高い目標を掲げたのなら、諦めたくないですよね。早めに悩んで、決めて、取り組んでいけば着実に合格に近づけるはずです。

→ 医学部受験事情について詳しく見てみる

医学部受験の第一歩!失敗しない予備校の選び方

医学部合格をより確実なものにしたいなら、自宅の学習環境はもちろん、予備校など外部での学習環境もとても重要ですよね。せっかく高い費用をかけて学ぶのなら、予備校選びには失敗したくないもの。講師が優秀であるか、使用している教材の質、これまでの合格実績など、予備校を選ぶにあたっていくつか比較しておきたいポイントがあります。コラムでは、予備校の選び方についてもう少し詳しく解説していきますので、ぜひ予備校選びの参考になさってください。

→ 失敗しない予備校の選び方はこちら!

予備校へ通うにあたっての事前準備

いよいよ予備校に通うとなったら、その前にいくつか準備しておきたいことがあります。例えば、「〇〇大学の医学部に絶対合格したい!」「〇〇大学の医学部に行ってこんな研究をしたい」など、あらかじめ具体的な目標を設定するのがおすすめです。目標は早めに決めておいたほうがモチベーションの維持につながります。
それから、早い段階で勉強法を確立することも大切です。効率的に学習するにはどうすればいいのか、よく考えて計画を立て、しっかりと学習に取り組んでいきましょう!

→ 予備校へ通う事前準備について詳しく見てみる

医学部予備校に通うならどの点を重視しますか?

ここまで医学部予備校について紹介してきました。そこで、医学部予備校に通うならどの点を重視するのかについて、一般の方に独自にアンケート形式で調査をしてみました。

調査の結果、最も重視するポイントとして挙げられていたのは「合格実績がある」でした。医学部というのは本当に狭き門であり、高学歴同士の戦いになります。

そのため、激戦区であることは間違いなく、予備校に求めることはずばり「合格するための実力」なのでしょう。そのため、実績がある予備校で学びたいと思うことは妥当だと考えられます。

医学部へ合格するために浪人する人も少なくないですが、出来る限りは現役で、限られた時間の中でいかに効率良く、自分の弱点を克服し、合格する学力を身につけられるのかが勝負となることでしょう。合格実績がある予備校ということは、それだけで説得力が生まれます。

医学部受験は他の学部の受験に比べて理系も文系も出来なくてはならないため、総合的な学力はもちろんのこと、それに加えて医学部としての出題傾向に沿った対策も必要だと考えられます。そのため、医学部の合格実績があることで医学部に沿った受験対策が出来ていることの表れにもなることでしょう。

2番目に多かった意見としては「講師の質が良い」でした。これは合格実績の良さにも通じる部分があると思いますが、人によって学力の伸び代は異なり、得意、不得意も違ってきます。

そこで大切になってくるのは「講師の力量」なのでしょう。受験生一人ひとりに合った的確な指導をいかに計画立てて進めていくことが出来るのかが重要となります。

それが可能となり、実践できていることで医学部合格へと繋がっていくと考えられるからです。予備校に入った当時の学力からいかに成長させ、ベストタイミングで受験日を迎えられるのかは講師の経験や力量そのものであると考えられます。

医学部予備校に通うときに重視するポイントは人それぞれだと思います。これから医学部合格を目指したいと思っている方は、当サイトおすすめの医学部予備校を是非参考にしてみて下さい。

医学部予備校ランキング

メディセンスの画像
こだわりの学習環境で合格確率の低い生徒も合格に導く

メディセンスは東京・大阪に2つの校舎を持つ定員制予備校です。一人一人に合った指導をおこなうために、定員制かつ少人数指導にこだわりを持っています。

メディセンスでは、経験の浅い学生講師は授業を持たず、大手予備校や他の医学部専門予備校で人気があり、その年の医学部の入試問題を素早く解き、問題の不備を指摘できてしまうくらい優秀な講師陣が集まっています。

全国・世界から選ばれた25名のプロ講師が、インプットとアウトプットの学習をバランス良くおこなうことで、確実に実力を伸ばすことが可能です。偏差値30台の生徒も医学部合格を果たしたという実績を持ちます。

また、授業料のみのシンプル会計、地方出身者もしっかり学べる環境が整っている点もメディセンスの魅力です。明朗会計なため、季節講習で追加料金が発生することもありません。

おすすめポイント

Point 1. 偏差値30台から目指せる

Point 2. 医学部入学後・卒業後に活かせる「合格の先」を見据えた指導

メディセンスの詳細情報

校舎 東京麹町校・大阪天満宮校
授業形態 少人数での集団授業もしくは完全個別指導(遠方の場合遠隔授業も可能)
料金例 入学金:なし
授業料:1時間あたり4,800円
※年間前納制の場合、季節講習の授業料込みで年間360万円
自習室 現役医師監修の集中できる学習環境&個別ブース
お問合せ 【東京麹町校】
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3-4-3 シエルブルー麹町
電話番号:03-5211-7800
受付時間:8:30~21:45
※日曜日10:00~18:00

【大阪天満宮校】
住所:〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1-3-10 南森町アーバンビル
電話番号:06-6356-8871
受付時間:8:30~21:45
※日曜日10:00~18:00
メディカルフォレストの画像
女子の医学部受験に強みを持つ少人数制予備校

少人数制のオリジナル教育システムを導入しているメディカルフォレストは、東京のほかに北海道(札幌)、大阪にも校舎を持つ予備校です。最大の特徴は、女子の医学部受験に特化した自由が丘校をオープンさせたこと。

オーダーメイドの多彩なカリキュラムで、中高生・浪人生、社会人まで幅広い受験生を合格へ導いてきました。

おすすめポイント

Point 1. 全国初!女子受験生のための校舎を用意

Point 2. 多彩なカリキュラムで総合力をつける

メディカルフォレストの詳細情報

校舎 自由が丘校・池袋校・麹町校・札幌校・大阪ロゴス校
授業形態 集団授業と個別指導をバランス良く組み合わせている
料金例 詳しくはお問い合わせください
自習室 会員制(有料)の個人専用ブースがあり、オプションで個別指導もつけられる
お問合せ 【池袋校】
住所:東京都豊島区南大塚1丁目51-7 美咲大塚ビル 2F
電話番号:0120-973-723
受付時間:10:00~20:00
第3位 メビオ
メビオの画像
熱血講師と至れり尽くせりのサポートが心強い!

2020年に創設40周年を迎えるメビオは、業界でも予備校としての歴史が長く、数々の合格実績を生み出してきました。受験期のバックアップ・サポートが手厚く、独自に作られる予想問題集の的中率の高さにも定評があります。

さらに年間1,800時間以上にも及ぶ少人数制の徹底指導が、生徒の実力を伸ばしています。専用寮、校舎内の食堂など受験生の生活を支える設備も整っているので、安心して受験勉強に打ち込める予備校の一つと言えます。

おすすめポイント

Point 1. 年間1,800時間以上の熱血指導

Point 2. 受験生活のサポート・受験時のバックアップが手厚い

メビオの詳細情報

校舎 1校のみ
授業形態 少人数制の集団授業が基本
料金例 【高卒生の場合】
入会金:30万円
授業料:1時間あたり3,900円
自習室 講師ルームの隣に20席の自習室、9Fはワンフロア(全53席)自習室になっている
お問合せ 住所:〒540-0033 大阪市中央区石町2-3-12 ベルヴォア天満橋
電話番号:0120-146-156
受付時間:9:00~21:00
メディカルラボの画像
全国ネットワークで得られる圧倒的な情報量

メディカルラボは、医学部合格者数No.1を誇る医学部専門予備校。150分の「完全個別指導」をベースにした授業スタイルと独自のネットワークを駆使した情報網が特徴です。

個別担任制や質問専任チューター制を設け、授業時間以外の時間も有効活用できるようなサポート体制が整っています。駅チカで校舎の近くに寮も完備されているため、都心・地方出身者に関係なくだれでも通いやすいのがうれしいポイントです。

おすすめポイント

Point 1. 27校の全国ネットワークを駆使し、情報収集・分析力に優れている

Point 2. Wチェックの個別カリキュラム

メディカルラボの詳細情報

校舎 札幌校・仙台校・さいたま校・千葉柏校・千葉津田沼校・東京お茶の水校・東京新宿港・東京池袋校・東京立川校…など(※全27校)
授業形態 個別カリキュラムをもとに完全個別指導
料金例 【高卒生の場合】
入学金:10万円
個別カリキュラム管理費:年間52万8,000円
年間授業料:442万2,000円
自習室 広々とした机、疲れにくい椅子、目にやさしい蛍光灯を使用したこだわりの静かなブース。空気清浄機も完備している
お問合せ 【東京お茶の水校】
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティアカデミア 5F
電話番号:0120-456-260/03-5209-1345
受付時間:不明
第5位 yms
ymsの画像
独自の学習システムにより平均合格率80%以上!

「YMS」は代々木駅から徒歩3分のところに位置いている医学部予備校で、38年もの間医学部入試について追及しています。その長い間培ってきた経験やデータをもとにつくられた独自の学習システムで指導を行い、平均合格率80%以上という高い合格率を誇っているのが特徴です。

医学部受験で重要になってくる面接や小論文も「医のアート」という独自の授業でばっちり対策しています。

おすすめポイント

Point 1.集中とリラックスが共存する校舎

Point 2.面接や小論文対策の「医のアート」

ymsの基本情報

校舎 1校のみ
授業形態 1クラス20名前後の集団授業が基本
料金例 【高卒本科コースの場合】
入学金:20万円
年間学費総額:78万4,000円~
自習室 代々木駅からすぐ近くの静かで落ち着いた空間
お問合せ 住所:東京都渋谷区代々木1-37-14
電話番号:03-3370-0410
受付時間:8:00~20:00
第6位 メディック
メディックの画像
授業・宿題・テストの基本サイクルで指導

「メディック」は2006年に大阪で開校された医学部予備校です。成績向上には理解・定着・確認の3ステップが必要不可欠だという考えのもと、授業・宿題・復習テストを繰り返す指導を行います。

生徒の状況はそれぞれの教科の講師間で共有されているので、講師が一丸となって一人ひとりの生徒をサポート。もちろん授業外でもサポートしてくれるので安心です。

おすすめポイント

Point 1.成績向上の秘訣は理解・定着・確認の3ステップ

Point 2.全教科・全講師の指導方法を統一

メディックの基本情報

校舎 1校のみ
授業形態 Eコースは最大28名、国私コース・私立コースは7~10名の集団授業が基本
(場合によっては個別指導もあり)
料金例 入学金:70万円(税抜)
年間受講料総額:499万3,400円(税抜)
自習室 専用の自習机とロッカーが与えられる
お問合せ 住所:大阪市天王寺区悲田院町7-3 大京天王寺ビル6F
電話番号:06-6776-5757
受付時間:平日・土曜 9:00~21:00 / 日曜・祝日 10:00~19:00
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
オーダーメイドカリキュラムと12人の講師チーム

「京都医塾」は、学生の街でもある京都で開校している医学部予備校です。それぞれの生徒に合ったカリキュラムをオーダーメイドで作成し、それをもとに12人の講師陣チームが協力して指導に当たってくれます。

授業外でも集中して勉強できるように第2の勉強部屋として個人ブースも用意。学習のことだけでなく、日々の生活習慣を整える手伝いもしてくれます。

おすすめポイント

Point 1.12人の講師チームによる充実したサポート

Point 2.生活習慣までも管理

京都医塾の基本情報

校舎 1校のみ
授業形態 少人数集団授業と個別指導を希望に合わせて組み合わせ可能
料金例 【高卒本科の場合】
入塾金:10万円
年間授業料:460万7,800円
自習室 1人1つの個人ブースを用意
お問合せ 住所:京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町539
電話番号:0120-546-747
受付時間:9:00~22:00
代官山メディカルの画像
勉強は家に持ち帰らずに「分からない」を徹底解決

渋谷駅からわずか徒歩3分の駅チカ予備校「代官山メディカル」。医学部入試に特化した60名のプロの講師とオリジナル教材が合格をサポートしてくれます。

レベルや科目別に生徒を分け、1日12時間みっちり指導をおこないます。二次試験や面接・小論文対策などにも幅広く対応しているので、どの大学を受験しても安心です。

毎月タイムカードや個人カルテを送付して、保護者とも綿密に連絡を取り合いながら受験生を強力バックアップ。毎年たくさんの受験生を医学部に送り出しています。

おすすめポイント

Point 1. プロ講師の作るオリジナル教材

Point 2. レベル別・科目別に1日12時間指導

代官山メディカルの詳細情報

校舎 1校のみ
授業形態 1クラス9名ほどの集団授業が基本だがマンツーマンコースもある
料金例 【本科生の場合】
入学金:20万円
年間学費:180万円~
自習室 早朝から夜まで長時間使える個別自習ブース、個人ロッカーを完備
お問合せ 住所:東京都渋谷区桜丘町18-6
日本会館ビル6~8F※6F受付
電話番号:03-3780-3073
受付時間:不明
メルリックスの画像
私立医学部・歯学部に特化

「メルリックス」は、私立医学部・歯学部だけを専門としており、指導内容やテキストももちろんそれに特化しているので、無駄がなく効率よく学習可能です。そんなメルリックスの最大の特徴は生徒第一主義なので、生徒のことを最優先に考えます。

生徒が勉強だけに集中できるような環境づくりを徹底しているので、机や椅子の配慮、願書記入会なども開催。生徒は思う存分勉強に励むことができるでしょう。

おすすめポイント

Point 1.生徒のことを最優先に考えた環境

Point 2.日本一の面接指導

メルリックスの基本情報

校舎 渋谷本校・福岡校・大阪校
授業形態 1クラス9名以下の少人数集団授業と個別指導を希望に合わせて組み合わせ可能
料金例 【私立医学部受験コースの場合】
入学金:30万円
授業料:387万6,000円(税別)
自習室 個室タイプと仕切られたタイプの2種類ある
お問合せ 【渋谷本校】
住所:東京都渋谷区桜丘町6-2
電話番号:0120-142-760
受付時間:平日・土曜 9:00~22:00 / 日曜 9:00~19:00
第10位 富士学院
富士学院の画像
将来の良医を目指す教育

「富士学院」は、全国に8校舎展開している直営校の医学部予備校で、直営校の医学部予備校業界としてはNo.1の規模です。そんな強みを活かしながら、受験が終わる最後の最後まで寄り添って指導してくれます。

指導をしてくれる講師陣たちは、業界の中でもトップレベルで難しいと言われている選考に受かった方々なので、優秀な講師しかいません。心強い味方になることでしょう。

おすすめポイント

Point 1.直営校の医学部予備校

Point 2.富士学院のOBで構成されている「富士OB会」

富士学院の基本情報

校舎 東京御茶ノ水校・東京十条校・名古屋校・大阪校・岡山校・小倉校・福岡校・鹿児島校
授業形態 1クラス8名以下の少人数集団授業と個別指導を希望に合わせて組み合わせ可能
料金例 詳しくはお問い合わせください
自習室 ほぼ毎日22時まで開放
お問合せ 【東京御茶ノ水校】
住所:東京都千代田区神田淡路町2-23 菅山ビル2F
電話番号:0120-01-9179
受付時間:平日・土曜 9:00~18:00 / 日曜・祝日 10:00~18:00

おすすめ予備校の情報を一覧表にしました!

ここまで、予備校を選ぶ上での豆知識や参考となる情報をお伝えしてまいりましたが、ここからはおすすめの予備校情報を一覧にしてご紹介していきたいと思います。

イメージ1
2
3
4
5
会社名メディセンスメディカルフォレストメビオメディカルラボyms
アクセス【麹町校】
麹町駅 徒歩1分
半蔵門駅 徒歩5分
【池袋校】
大塚駅 徒歩2分
新大塚駅 徒歩7分
天満橋駅 徒歩3分【お茶の水校】
御茶ノ水駅 徒歩1分
新御茶ノ水駅 直結
代々木駅 徒歩2分
料金入学金:なし
授業料:4,800円/1時間
詳しくはお問い合わせください【高卒生】
入会金:30万円
授業料:3,900円/1時間
【高卒生】
入学金:10万円
管理費:52万8,000円/年
授業料:442万2,000円/年
【本科生】
入学金:20万円
学費:78万6,400円~/年
寮あり・なしありありありありあり
校舎数2校5校1校27校1校
対応可能な授業形態少人数制集団授業・個別授業・通信(遠隔)授業集団授業+個別指導集団授業+個別指導完全個別指導少人数制集団授業
コース・スタンダードコース
・良医育成コース
・良医育成プレミアムコース
・獣医学部コース
など

・本科生コース
・中高生コース
・通信生コース
・高卒生本科
・高3生本科
・高1・高2生本科
・推薦本科
特になし・高卒国公立本科コース
・高卒本科コース
・高三本科コース
・Spireコース
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

記事一覧

難関と言われる医学部受験も、推薦入試を利用すれば合格率がアップするかもしれません。今回は医学部の推薦入試の種類について、出願条件はどんな内容になっているかを紹介します。また、推薦で医学部を目 ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通っている方の中には、志望校は国公立のみと考えている方は少なくありません。国公立の学費と私立大学の医学部の学費を考えると当然のこととも言えます。しかし、その場合は奨学金を利用す ・・・[続きを読む]
医学部予備校の中には、入学前に入塾テストが実施されているケースも見られます。テストを行うことにより、医学部に合格できる可能性があるかどうかをジャッジしているのです。では実際に行われる入塾テス ・・・[続きを読む]
医学部受験を考えている受験生にとって、試験の参考になるのが入試に関する各種の情報です。ほかの学部に比べて入学するのが難しい学校も多いために、医学部の試験を受ける人にとって入試の情報は、合格す ・・・[続きを読む]
医学部受験を考えているので医学部予備校を検討しているけど、いつから通ったらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。今回はそのような方に向けて、医学部予備校に通い始めるベストなタ ・・・[続きを読む]
医学部予備校に行って対策を行うべきポイントというのは、理科や数学などの5教科だけではありません。5教科以外にも、小論文が求められるケースも多く見られます。小論文は対策が必要ないと思っている方 ・・・[続きを読む]
医学部予備校の授業はどのような内容で行われているのか、全体的な雰囲気はどのようなものかを知りたいと考えている受験生や家族の方は多いのではないでしょうか。受験生自身の特性にあった医学部予備校を ・・・[続きを読む]
志望校に合格するためには勉強も大切ですが、オープンキャンパスに参加することも大切です。実際にオープンキャンパスに行くべき理由の1つが、モチベーションを維持するという点です。長い受験勉強期間は ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通っている予備校生の中で、何度も受験に失敗している人も少なくありません。なかなか合格につながらないと努力が報われず、不安になりがちです。本人も苦しいですが、苦しんでいる子供の姿 ・・・[続きを読む]
医学部受験では、小論文で志望理由を書くよう求められることが多くあります。志望理由の対策を行っている医学部予備校もありますが、他の学科の学習が忙しく、なかなか手が回らないというのが現状ではない ・・・[続きを読む]
医学部を受験する場合には、合格するために必要なスケジュールをしっかりと立ててから行動する必要があります。前もって準備した計画にそって試験勉強をすれば、十分にゆとりを持って試験に臨むことができ ・・・[続きを読む]
医学部予備校に入っても、トラブルが原因で自分に合わずに辞めてしまうという方も多くいます。すぐに辞めてしまったら、入学金だけではなく今まで使った時間まで無駄になります。無駄なくこれからの未来に ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通って受験に備えたいという方の中には、模試を受ける理由がわからないということもあるかもしれません。意味がないと思っている方もいる模試ですが、自分の立ち位置を確かめて苦手を知るな ・・・[続きを読む]
医学部合格に向けて、医学部予備校に入ったから大丈夫と安心しきっている方はいませんか。予備校に入ったからと言って必ず合格できるとは限りません。成功するためには、とにかく集中力を高めていく事が必 ・・・[続きを読む]
医学部受験は東大に匹敵するほどの難しさがあるので、勉強時間をしっかり確保することができない現役生が合格を勝ち取るのは難しいのではないでしょうか。したがって医学部受験では多浪生が多い傾向です。 ・・・[続きを読む]
医学部受験を目指している方の中には、医学部予備校に通うことを考えている方もいるでしょう。しかし、いざ予備校に通うとなるとどの予備校に通ったらいいのか、受講するまでの流れや手続きについてなど、 ・・・[続きを読む]
医学部予備校は一般的な予備校と比較して学費が高額に設定されているため、金銭やその他のトラブルが起こりやすい業界といえます。中には悪質な学校もあるので、予備校選びの際に注意をする必要があります ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通って勉強している多くの受験生は、将来医者となって働くことを夢見ていますが、他の職業と同じように、医師という職業にも向いているタイプがあります。 性格や技術だけでなく、人の命を ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通って、医学部合格を目標にしている受験生にとって、各教科の試験勉強とともに大切になるのが面接の対策です。大学の医学部の中には面接を重視している学校も多いことから、試験に合格する ・・・[続きを読む]
医師になるためには、まず初めに医学部に合格しなければなりません。医学部は人気も難易度も高く、合格にはかなりの努力が必要です。受験科目の傾向を知り対策をたてることで、効率の良い学習をすることが ・・・[続きを読む]
私立や国公立を問わずどこの大学の医学部も高倍率で、合格を掴み取ることは至難の業です。そのため、医学部を目指す生徒の多くが医学部予備校に通いますが、地方在住の生徒は通える場所に無いということも ・・・[続きを読む]
多浪生の医学部受験は厳しいと言われていますが、何度か浪人していても、医学部に受かるケースは多いので、多浪生でも医学部受験に成功することは十分に可能です。 ただ医学部予備校でもよく噂されている ・・・[続きを読む]
医学部を目指している生徒は誰もが猛勉強に励むもので、その多くが医学部予備校に通っています。医学部受験専門の予備校ですので指導のノウハウも豊富で、受験情報や試験対策も万全です。 医学部予備校を ・・・[続きを読む]
志望校合格のために、医学部予備校に入ることを検討しているという方も多くいます。そのような方にとって気になる点の1つが、予備校が自分と相性が良い環境なのかという点です。相性が悪いと思うような学 ・・・[続きを読む]
医学部受験をしたいけど偏差値が30代なので受かるかどうか不安な方もいるのではないでしょうか。確かに医学部は高い偏差値がないと受かることが難しいですが、偏差値30代であっても勉強法を工夫すれば ・・・[続きを読む]
志望校の合格を目指して、医学部予備校で勉強をする日々を過ごしている方も多く、そのような方にとって大切なポイントの1つが、受験勉強におけるモチベーションの維持です。1年以上の受験勉強となると、 ・・・[続きを読む]
良い医学部予備校に入って受験に備えても、入試直前で体調を崩してしまったら意味がありません。合格できる実力を持っていても、インフルエンザなどにかかったら試験を受けることすらできなくなってしまい ・・・[続きを読む]
医学部に合格したいと考えているけど、なかなか成績が伸びないと悩んでいる人はいるでしょう。もし医学部に合格したいと考えているのであれば、正しい勉強方法を習得しなければなりません。 今回は英語と ・・・[続きを読む]
日本では医師を目指す場合には、医学部に入学して卒業し、医師国家試験に合格しなくてはなりません。そのため最初の関門である医学部への入学が難関の試験となり、そのために医学部予備校と呼ばれる専門の ・・・[続きを読む]
医学部予備校に通うのは現役合格を目指す高校生ばかりではありません。 むしろ既に何度か受験に挑戦している多浪生も、医学部予備校にはたくさんいます。 目標に向かって挑戦を続けるその姿は素晴らしい ・・・[続きを読む]
受験対策は早いうちにやっておくと後から苦労しません!「善は急げ」というように、合格のためになるものや良いことは、できるときにできるだけ済ませておくと、後々時間的にも精神的にも余裕ができますよ ・・・[続きを読む]
医学部の試験は難関であることで有名で、現役合格ができず浪人することも珍しくない世界です。しかしそうは言っても、医学部受験自体、人生でそう何度も挑戦できるものではありません。 だからこそ予備校 ・・・[続きを読む]
国公立の場合は、医学部合格のボーダー偏差値として、最低でも65以上に設定している大学が多いのが現状。通常、医学部合格ライン(偏差値65以上)に達していなければ、医学部の合格は難しいと言われて ・・・[続きを読む]
サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判