【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部予備校の入塾テストの難易度は?求められる学力のレベルとは

医学部予備校の中には、入学前に入塾テストが実施されているケースも見られます。テストを行うことにより、医学部に合格できる可能性があるかどうかをジャッジしているのです。では実際に行われる入塾テストの難易度やレベルはどのようになっているのでしょうか。何を求めて実施されるのかという理由も含めて考えていくことが大切です。

そもそも入学前にテストが行われる理由とは?

予備校に入るだけなら、誰でもお金を払えば簡単に通うことができるというイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが実際の医学部予備校では、入塾テストを実施しているケースも多く見られます。入学前のテストが行われる理由の1つが、予備校における合格実績などに関わってくるからです。

医学部予備校といっても、大量の受講者を抱えるだけの余裕はありません。実際に予備校に通って講義を受けられる人数には限りがあります。限りがある人数の中で、医学部に合格する人数を増やして実績を高めることは予備校にとって大切なポイントの1つです。合格実績や合格率を高めることで、これからの予備校の宣伝にもつながるからです。

もちろん医学部予備校の宣伝のためだけに、入塾テストが行われているわけではありません。実際に入学した後には、それぞれの学力に合わせた指導をスタートさせることになります。学力の把握や弱点科目を確認することで、それぞれにあった指導を行うことにつながります。

また予備校の中には、選抜もしくは特待クラスなどを用意しているケースも見られます。成績優秀者には高水準の授業を提供することで、合格できる確率をあげられるようにしています。生徒のレベルに合わせてより良いサービスを提供するために、入塾テストが行われている一面もあるということを把握しておきましょう。

実際の入塾テストで行われる内容とは?

医学部予備校に入塾テストがあると言われると、身構えてしまう方も多くいるかもしれません。さらに、難易度が分からないとなると、高レベルの問題が出されたら自分は落とされてしまうのではないか、というイメージを持つ方もいるかもしれません。ですが、具体的な難易度は医学部予備校によって多少異なりますが、通常は基本的な学科試験及び面接というケースが多くなっています。

実際に医学部を受験する場合、私立医学部を目指すなら数学・英語・物理の対策が必要です。そのため私立医学部に特化した環境であれば、3教科の学科試験が実施される可能性が高いです。そして面接の場では、人格やモチベーションなどの内面を見られるケースが多い傾向です。

入塾テストがあるといっても、基本的には私立大学医学部の受験と行うことは同じようなことです。受験に欠かせない内容が問われることになるので、特別な対策を行わなくても普段の勉強の成果を発揮できれば合格できる可能性が高いのです。

医学部予備校に入るためのテストに対して不安があるのなら、口コミを調べてみるのも1つの手です。口コミを調べることによって、経験者からどのような内容が問われるのか試験の傾向を把握できます。具体的な試験の形式を把握したうえで、落ち着いて備えられるようにしましょう。学力はこれから上げられるので、決して満点を取る必要はないのです。

何度でもチャレンジすることができる!

医学部予備校に入塾テストがあると言われると、身構えてしまう方も多くいます。しかし本番の受験とは異なり、医学部予備校の入塾テストで落ちたとしても何度でもチャレンジすることが可能です。予備校も基本的にはビジネスになるので、やる気のある生徒を落とすためにテストを実施しているわけではないという点を確認しておきましょう。

また入塾テストは学力だけではなく面接も実施されています。面接を通して、シビアなプログラムや前向きに受験勉強に取り組めるのかなどの点をチェックします。医学部の勉強というのは、ほかの学部よりも対策をしなければならない点が多くなります。プログラムもシビアなものになるからこそ、本人のやる気があるかどうかが受験を乗り切るために大切な点です。

そして学力のチェックでは、大切な点は基礎的な力があるかどうかです。基礎的な学力があれば、応用の部分はこれから1年間の間に学んでいくことができます。

ちなみに大手予備校の中には、入塾テストなしで授業料の割引や入学金免除の特典が用意されているケースも見られます。審査基準は予備校によって異なるので、個別に確認しておくようにしましょう。例えば大手予備校の模試の結果など次第では、テストなしで予備校に入ることができる可能性もあります。自分にあった形で学べるように、医学部予備校について考えていくことも大切です。

 

医学部予備校に入るためには、入塾テストが必要になるケースも見られます。難易度が高いというイメージを持っている方もいますが、基礎的な学力があるか確認するものです。また面接では受験勉強を乗り切る前向きさがあるかなどの点がチェックされます。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判