【2022年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

状況ごとに違う!医学部予備校に通い始めるベストな時期とは?


医学部受験を目指している方や、その保護者の方は、医学部予備校への通学を検討している方がほとんどではないでしょうか。しかし、学校との両立や高額な授業料がかかることもあり、どのタイミングで予備校に通い始めればよいのか悩むところです。この記事では、医学部予備校に通い始めるベストな時期について解説します。

予備校と塾に違いはある?

医学部受験のために学力アップをしたい方は、「予備校」または「塾」のどちらに通えばよいのか、疑問に思うこともあるでしょう。まずは、予備校と塾の違いについて解説します。

■通っている生徒の年齢層

予備校と塾では、通っている生徒の年齢層が違います。塾は、小学生から高校生まで幅広い学年の生徒が通っているのが一般的です。一方で予備校は、受験を控えている高校生や、浪人生が通っていることがほとんどです。

■目的の違い

塾と予備校では、「何のために通うのか」という目的が異なります。小中学生・受験生でない高校生などが多く通う塾では、「学校で分からなかった箇所を、分かるようになりたい」「学力アップを目指したい」という目的で通っている場合が多いです。一方で予備校は大学受験のための施設なので、大学合格を目標に通う生徒が多く、授業も受験対策の指導がメインで行われます。

■費用の違い

塾の場合、授業内容などにもよりますが、1年間でおよそ20万円の費用がかかるのが一般的です。一方で予備校の場合は費用が割高になり、1年間で約60万円~80万円かかるといわれています。さらに医学部予備校であれば、年間で500万円程度の授業料がかかる場合もあります。予備校や医学部予備校は、志望大学に合わせた指導を行うので、費用が高くなる傾向があります。

医学部予備校に通い始めるベストな時期

難関の医学部に合格するためには、早めに対策を考えておく必要があります。では、医学部予備校には、いつ頃から通い始めるのがよいのでしょうか。医学部予備校に通い始めるベストな時期について解説します。

■高校入学時の早い時期がおすすめ

医学部予備校に通い始めるのに一番おすすめの時期は、高校に入学した直後です。「大学受験のことを考えるのはまだ早いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、本当に医学部合格を目指すなら、高校1年生から受験対策をしておく必要があります。

高校入学時から医学部予備校に通うと、学習の基礎を早めに終わらせることができ、2年時・3年時には医学部の受験対策に時間を割くことができます。医学部予備校に通う時期が遅くなれば、基礎の理解ができないまま、受験対策もしなければなりません。すると、勉強の負担が大きくなってしまいます。現役で医学部合格を目指すならば、早めに医学部予備校へ通うことを検討した方がよいでしょう。

■目標としている大学の難易度によって異なる

同じ医学部でも、難易度は大学によって違います。したがって、志望校によっては、医学部予備校に通い始めるベストな時期も変わってきます。難易度の高い「難関大学」であれば、できるだけ早めに通って、受験対策に力を入れた方がよいでしょう。

医学部予備校を選ぶ際の注意点

医学部予備校を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。医学部予備校を選ぶ際の注意点について解説します。

■サポート体制は整っているか

医学部予備校選びでは、まず生徒のサポート体制がどのように行われているのかを確認しましょう。質問したらすぐに答えてくれるのか、相談しやすい体制が整っているのかなどは重要です。できれば、どのように授業が行われているのか、サポート体制は充実しているか、実際に見学・相談してみるのがよいでしょう。

■移動時間の効率を考える

受験勉強を進めるにあたって、学習時間の確保は課題といえます。学校や家から距離があると、移動に時間がかかってしまいます。すると、移動中はしっかりと勉強ができないので、その時間がもったいないと感じるでしょう。できれば、移動時間がかからない近場の予備校に通うのがおすすめです。どうしても行きたい予備校が遠方であれば、移動時間も集中して勉強できるように工夫する必要があります。

■現役生にも通いやすい環境か

浪人生と違って、現役生は学校行事や部活など、勉強以外にやるべきことが多くあります。忙しくて予備校に通うタイミングが難しいこともあるでしょう。現役生が予備校を選ぶ際には、生徒の都合に合わせて予定を立ててくれるかどうかを確認しておきましょう。個別指導であれば、生徒に合わせて授業時間を調整してくれる場合もあるので、忙しい現役生は、そういった予備校を検討してみましょう。

 

医学部予備校に通い始めるベストなタイミングは、目指す大学の難易度によっても異なります。一般的には、高校に入学した早い時期に通い始めるのがよいとされています。また、予備校選びにおいては、サポート体制などもしっかりと確認してから決めるようにしましょう。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧