【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部受験の第一歩!失敗しない予備校の選び方

医学部の試験は難関であることで有名で、現役合格ができず浪人することも珍しくない世界です。しかしそうは言っても、医学部受験自体、人生でそう何度も挑戦できるものではありません。

だからこそ予備校もクオリティーの高いところを選びたいもの。できることなら失敗したくないですよね。

今回は、医学部合格の大きなカギとなる予備校の選び方についてまとめてみました。予備校選びの際はぜひ参考になさってください。

ポイント①授業形態

まず最初に見ておきたいポイントは「授業形態」です。授業形態は大きく分けて二通りあります。

一つ目は集団授業です。名前のとおり、数人から数十人規模の集団で授業を受けるタイプです。

良い点は、複数人数が集まるため優秀な講師が担当する可能性が高い点です。複数人に対して講師一人なので、受講料が安く済みますし、周りに同じ境遇の仲間がいることでモチベーションの維持につながるのもメリットです。

反対に、話が一方通行で受講生が受け身になりがちになったり、特定の教材一つで授業を進められてしまうのはデメリットと言えます。集団授業の性質上、仕方のない点もありますが、このデメリットが気になるという方も多いでしょう。

そして二つ目は、個別授業(マンツーマン)です。講師一人、受講生一人で授業をおこなうタイプで、質疑応答がしやすく、実際に問題を解くなどして受講生自身がアウトプットしながら知識を深めていける点がメリットとして挙げられます。

デメリットとしては、集団授業と比べて受講料が高くなりやすい点、対面である以上講師との相性の問題が出るといった点が挙げられます。

このように、集団授業も個別授業もそれぞれにメリット・デメリットが存在するので、どちらが良いとは言いきれません。授業形態は受講生本人の性格や希望などに沿って選ぶと良いでしょう。

ポイント②講師の質、相性

講師の質や相性は、受講生のモチベーションや成績に直接大きな影響を与えます。効率よく学習を進めていくには講師の質・相性を重視して選びましょう。

人気講師の質を調べるのも良い手

もし予備校選びに迷ってしまったら人気講師の在籍する予備校を調べてみるのも良い手です。

もちろん人気だからと言って必ずしも良い講師であるとは限りませんが、テレビやラジオ、本を執筆するなどメディア露出が多かったり、今年〇〇名の合格者を輩出したなど具体的な実績を持っていると分かりやすいですね。当然、そのような講師が在籍する予備校は人気が高く、口コミや評判も集まりやすいため、講師の質を見極めるための判断材料を入手しやすいというメリットがあります。

学生が講師を務めることもある?

特に個人授業をメインにしている学習塾や予備校は、多くの講師と契約するため、現役の大学生を講師として雇うことがあります。

もちろん、個人授業を担当する大学生講師の質が悪いというわけではありません!むしろ年齢や境遇が近いためにお互いを理解しやすいなど、講師に最適なケースが多いのですが、実際には指導経験の豊富なプロの講師に指導を任せる方が安心だという方も多いでしょう。

また、大学生講師の場合、試験や部活動など講師自身が学生生活で忙しく、授業のスケジュールが組みにくくなる可能性があるというデメリットを持っています。特に医学生は指導できる教科数も多く、合格後の大学生活についてアドバイスがもらえたりとプロの講師にはないメリットがあるでしょう。

しかし講師が学生である以上、スケジュール通りの授業が難しくなるかもしれないことは頭に置いておきたいですね。

話し方・指導の仕方などの相性も重要

当たり前ですが講師も受講生も人間である以上、どうしても相性の問題が出てきてしまいます。指導の仕方だけではなく、性格や一見勉強に関係の無いように見える年齢、性別、容姿といったポイントも重要です。

同じ部屋で顔を合わせて何時間も過ごしていれば、話し方や考え方のわずかなズレでもストレスを感じることもありますから、講師との相性も大切と言えるでしょう。

ポイント③学習環境

設備が整っているか

1日に6時間以上は受験勉強に費やすと言われる医学部受験。受験直前のラストスパートにもなると、自宅で勉強するより予備校で勉強する時間のほうが多いなんてこともあるかもしれませんね。

予備校選びの際は自習室や休憩室の居心地がよく、利用しやすい環境であるかを重視しましょう。

立地・周辺環境

通うのが苦にならないような駅チカの予備校がおすすめです。医学部専門予備校の場合、徒歩10分圏内に校舎を構えていることがほとんどなので安心して良いでしょう。

ほかにも人通りがある、治安が良い、街灯があって夜道でも明るいなど、夜遅くまで残っても問題のなさそうな予備校を選ぶほうが良いですね。

最後になりますが、予備校選びで失敗しないためには、見学したり体験授業を受けることが一番です。実際に見て、体感して、自分の理想や基準を満たしているか確認し、最終判断をすると確実ですよ!

このサイトでは、医学部受験を目指す方におすすめの予備校をランキング形式で紹介しています。数ある予備校の中から実際にアンケートを取って結果を反映しているので、是非参考にしてみてください。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判