【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部予備校と大手予備校はどう違う?それぞれの特徴を理解しよう


医学部を目指している受験生の方や、受験生の子どもを持つ保護者は、決めるべきことがたくさんありますよね。予備校の選択も大きな決断のひとつです。予備校には、医学部専門の予備校と大手予備校がありますが、どちらを選ぶべきか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、医学部専門の予備校について解説します。

医学部予備校は大手予備校とどう違う?

難関である医学部を受験するとなると、予備校へ通うべきなのではと考える方も多いでしょう。実際に、医学部を目指している受験生の多くが、予備校に通っているといわれています。医学部受験を目指す生徒が通う予備校には、「医学部予備校」と「大手予備校」の主に2つがあります。ここからは、医学部予備校と大手予備校のそれぞれの特徴について紹介します。

■費用が違う

医学部予備校と大手予備校では、授業料が違います。一般的には、医学部予備校の方が、授業料が高額になるといわれています。医学部予備校は、大手予備校に比べて生徒へのサポートが手厚い分、授業料が高額になってしまいます。大手予備校の授業料が約100万円とすると、医学部予備校は約500万円かかることもあります。入校の前に、費用の説明もしっかりと受けておきましょう。

■指導方法や授業内容が違う

医学部予備校は、医学部合格を目標にしている生徒が通うので、指導内容も医学部受験に特化しています。大手予備校に比べて、医学部合格のための知識がある講師が在籍しており、生徒も安心して指導を受けることができます。また、個別指導で授業を行っているケースが多いです。一方で大手予備校の授業は、ほかの生徒と一緒に集団で授業を受けることがほとんどです。

医学部予備校を選ぶメリット・デメリット

医学部予備校と大手予備校の違いを紹介しました。では、医学部予備校には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

■医学部予備校のメリット

・医学部合格に強い講師がいる
予備校を選ぶ際には、講師の質の高さは重要なポイントです。医学部予備校には、医学部合格へ導くプロの講師陣が在籍しており、医学部の受験の出題傾向も理解して指導してくれます。また、個別指導の場合も多く、生徒一人ひとりに合わせて授業を進めてくれるのが魅力です。

・現役の医大生がいる
医学部予備校には、現役の医大生の“チューター”が在籍しています。チューターとは、講師とは別に、学生のサポートをする人のことです。チューターの役割は予備校によって異なりますが、主に、自習中の生徒の質問に答えたり、生徒の相談に乗ったりします。現役の医大生のチューターは、生徒の悩みに対して自身の経験をもとにアドバイスしてくれます。医学部受験を目指す生徒にとって、とても心強い存在です。

■医学部予備校のデメリット

・授業料が高い
医学部予備校の最大のデメリットは、授業料の高さがあげられます。医学部予備校は、少人数での授業や個別指導が採用されていることが多いので、大手予備校の約5倍の費用がかかることもあります。費用が高いので、家庭環境によっては、入校を難しく感じることもあります。ローンを利用できるケースもありますが、よく検討してから利用するのかを決めた方がよいでしょう。

・現役の受験生の生徒は少ない
医学部予備校に通う生徒には、現役の生徒は少なく、浪人生が多く在籍しています。現役の受験生にとっては、慣れるまで少し違和感があるかもしれません。

大手予備校を選ぶメリット・デメリット

大手予備校のメリットとデメリットには、以下のような点があります。

■大手予備校のメリット

・授業料が安い
大手予備校は、医学部予備校の授業料の約5分の1で通うことができます。また、大手予備校の授業のコースの中には、医学部受験のためのコースが設置されている場合もあります。医学部予備校よりも安い費用で、医学部受験向けの授業が受けられます。

・有名講師の授業が受けられる
大手予備校は、テレビに出演していたり、書籍を執筆していたりする講師が在籍しています。多くの受験生を教えてきた有名講師の授業を受けられるのは、医学部を目指す受験生にとってメリットとなるでしょう。

■大手予備校のデメリット

・集団での授業が多い
大手予備校の授業は集団で実施されることが多いので、一人ひとりの生徒に細かく指導ができないというデメリットがあります。授業中に分からない点があっても、その場では質問がしづらいことも。そのため、生徒自身が学習意欲を持っていないと、成績がなかなか上がらないといった状況になるかもしれません。

 

医学部予備校と大手予備校にはそれぞれ特徴があります。医学部予備校は授業料が高い分、個別指導で医学部受験に特化した授業が受けられます。また、大手予備校は、医学部予備校に比べると費用が安いという点が最大のメリットです。メリットとデメリットをしっかりと把握して、予備校を選びましょう。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧