【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部予備校と大手予備校はどう違う?それぞれの違いを理解しよう!


医学部志望の受験生は、医学部受験専門の医学部予備校、もしくはより一般的な大手の予備校に通うことが一般的です。この2つの予備校には、メリットやデメリットがあります。それぞれ特徴を知って、後悔のないように予備校を選びましょう。この記事では、医学部予備校と大手予備校の違いについて、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

医学部専門予備校と大手予備校はどう違う?

医学部を受験する受験生は、基本的に専門の予備校に通おうと考えている人が多いでしょう。なぜなら医学部は、レベルの高い試験に合格する必要があるためです。それだけ専門性が高いことを問われると考えている人も多いでしょう。しかし、実は志望する大学や受験生の性格などによって、必ずしも医学部予備校に通うのが一番よいとは限らないのです。そこで、まずは医学部予備校と大手予備校の違いを解説しましょう。

指導形式が違う

医学部予備校には、医学部の受験に特化したカリキュラムが用意されています。講師陣も医学部受験を知り尽くしたプロの講師が多数在籍しているのです。また、個別指導や少人数での授業であることが多いとされています。一方、大手予備校は大人数で一斉に授業を受けることがほとんどです。講師は名の知れた人が多く、質の高い授業が受けられます。

費用が違う

医学部予備校は、高額な料金体系となっているところが多いようです。授業以外の時間帯にも個別に対応してくれ、非常に丁寧な指導なのが強みといわれています。その分費用も高くなり、大手予備校が平均60~70万円だとすると、医学部予備校は300~400万円ほどかかるところも多いようです。

カリキュラムの組み方が違う

大手予備校では、あらかじめコースが決められています。学校と同じように時間割があってそれに沿って授業を進めており、コースの変更はできないことが多いようです。一方、医学部専門予備校は個人の能力に応じたカリキュラムが組まれており、勉強の進行の度合いによってカリキュラムを見直せます。より生徒に合わせた柔軟な対応ができるのです。

医学部専門予備校に通うメリットとデメリット

医学部予備校のメリットとデメリットについて解説していきます。

■医学部専門予備校のメリット

医学部予備校では個人別に組んだカリキュラムで、医学部受験を知り尽くしたプロの講師が授業を受け持っているため、効率的に学習を進められます。最新の医学部情報が手に入るのも魅力でしょう。医学部予備校は情報が豊富で、大学ごとの傾向や特徴などを知ることもできます。

また丁寧な対応が特徴で、質問や相談がしやすく、手厚い指導やアドバイスも受けられるのです。勉強へのモチベーションを維持できるよう、メンタルサポートも受けられます。さらに、医学部予備校は生徒を合格させることに主眼が置かれており、合格のための点数の取り方といったより高度な合格ノウハウを知ることもできるようです。

■医学部予備校のデメリット

医学部予備校のデメリットは、授業料が高額であることです。医学部予備校は、大手予備校より5倍程度高くなります。資金面で不安がある人は教育ローンも利用できますが、入学後の費用なども考えて予算を組み立ててください。また、医学部予備校に通っている生徒は浪人生や社会人が多いため、現役生にとっては同年代が少ないという点でデメリットになるでしょう。

大手予備校に通うメリットとデメリット

大手予備校のメリットとデメリットについて解説していきます。

■大手予備校のメリット

大手予備校は実績が非常に豊富で、一般人も知っているような講師が多数在籍しています。設備も充実しており、勉強に集中できる環境が整っているのです。また、大手予備校は専門に医学部受験のためのコースが設定されており、志望する受験生は誰でも授業を受けられます。

費用も医学部予備校よりはリーズナブルに設定されているので、医学部を受験する人にとっては魅力的でしょう。さらに、大人数の生徒が在籍しているので、その中には優秀な受験生も多く、互いに刺激し合って高みを目指せます。

■大手予備校のデメリット

生徒の数が多い大手予備校は、少人数で授業を受けたい受験生にとってはデメリットになります。また講師に質問しにくいことから、結局疑問点が解消されないままにしてしまう受験生もいるようです。講師もひとりの生徒を充分に見てあげられないため、必要なサポートが受けられないのが原因で、勉強に対するモチベーションが下がってしまうのもデメリットといえます。さらにコース変更が難しいので、個人のレベルにマッチした授業が受けられない点もデメリットです。

 

医学部予備校と大手予備校では、それぞれメリットとデメリットとなる要素が違うため、自分の性格なども含めて総合的に判断するのがよいでしょう。自分の学力や資金面も考慮に入れ、何を重視して予備校を決めるのが最善か、充分見極めた上で選択してください。もしかしたら、一生を決める重要な選択になるかもしれません。後悔が残らないよう、よく吟味して決めることをおすすめします。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧