【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

偏差値30代でも医学部に受かる方法があるってホント!?

医学部受験をしたいけど偏差値が30代なので受かるかどうか不安な方もいるのではないでしょうか。確かに医学部は高い偏差値がないと受かることが難しいですが、偏差値30代であっても勉強法を工夫すれば受かる可能性もあります。

今回は偏差値30代の受験生が合格できるような勉強法を医学部予備校の有名講師の意見も踏まえて紹介します。

英語は単語を徹底的に覚え構文を理解しよう

まず医学部受験の要というべき英語の学習法について紹介します。英語で絶対にやらなければならないことは、単語を覚えることです。単語を覚えていないと長文読解などの問題を解くことができないからです。医学部受験に出てくる英単語をすべて覚えるような意気込みで勉強するようにしましょう。

単語によってはさまざまな意味を持つものがありますが、まずは最初の意味を一つ覚えるところからはじめます。長文の問題では文脈によって判断するしかないケースもあるので、意味を一つ覚えておくだけで文脈の前後関係から類推することができるようになります。

構文をしっかりマスターすることも大切なポイントです。構文とはSVOCのことで、長文にまだ慣れていない段階の時は主語を探すところからはじめます。長文問題の文章はとても長いので、どこが主語なのかわからなくなってしまうことがあります。主語を見つけられるようになったら、次に探すのは動詞です。この主語と動詞を見つけられるようになれば、長文問題を解く力が備わってきたといえます。

英語は単語を覚えるなど一人で勉強することができそうな科目に感じますが、しっかりした講師の指導を受けることによって飛躍的に伸びる科目であるので、医学部予備校で学ぶことをおすすめします。できればじっくり教えてもらうことができる個別指導タイプの受講形式を選ぶのがいいでしょう。

なぜ偏差値30代でも医学部に受かることができるのか

医学部受験において、なぜ偏差値30代からでも目指すことができるかというと、医学部入試は100点や90点を目指す試験ではないからです。科目平均で70%を取れればよいので、偏差値が低くてもチャンスがあります。

またすべての年度において、正解しなければならない問題、合否を分ける問題、正解しなくてもよい問題の3パターンに分けることができます。これはどの科目にも言えることなので、正解しなければならない問題と合否を分ける問題に持っている力すべてを注力する必要があります。そのことをよく理解し、質の高い医学部予備校に通うことによって、偏差値30代からでも合格できる可能性が上がります。

また予備校の模試の偏差値だけでは入試の予測をすることはできません。なぜなら必ずしも模試で出題された問題が出るとは限らないからです。同じ試験であっても問題が異なれば結果は違うので、さまざまな大学を受けてみることも大切になります。10校受けて1校しか受からなくても、医学部に合格したことには変わりないからです。

医学部予備校は少人数制が多く、さまざまな講師がチームで動いてくれるので、合格に必要な力をしっかり身につけることができます。少人数制のきめ細かい授業は、大人数で受講する一般的な予備校とは大きく異なります。一人一人の得意不得意点をしっかりと把握している医学部予備校に通うのがおすすめです。

勉強時間をしっかり確保することが大切

偏差値30代から医学部受験を目指すのであれば、勉強時間をしっかり確保しておくことが大切です。学力の低い生徒が医学部に合格するためには、少なくとも1日10時間以上勉強する必要があります。

しかし独学だと、モチベーションを維持しながら1日10時間以上の勉強を行うのはとても難しいものではないでしょうか。そんな時に活用できるのが医学部予備校です。医学部予備校に通って講義などを受ければ、時間にメリハリのある生活を送ることができ、勉強のスケジュールが組みやすくなるからです。

また医学部予備校の中には自習時間まで管理してくれるところがあるので、人の目がないとすぐに怠けてしまうような人は活用するのがいいでしょう。実際に医学部予備校は、勉強するのに最適な自習室が完備されているので、勉強に集中できる環境が整えられています。

さらに同じ夢を追いかけている仲間が身近にいることによって、受験のモチベーションを保つことができるというメリットがあります。わからないことがあればすぐに講師に聞ける環境も、メリットの一つであると言えます。

1日10時間勉強するとしてそれに充てる勉強の内訳は、インプットが3時間、アウトプットは7時間が最適です。偏差値30代の生徒を受け入れている医学部予備校では、初学者でもわかりやすいように基礎学力を重視した指導を行っています。

 

偏差値30代からでも医学部へ合格できるのは、夢ではないということを知ってもらうことができたでしょうか。ポイントは勉強時間を確保して医学部受験の合格ノウハウを理解することです。必要と感じるのであれば、医学部予備校を利用するのもおすすめです。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧




サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧