【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

不安なのは多浪生だけじゃない!親の心得とは

医学部予備校に通っている予備校生の中で、何度も受験に失敗している人も少なくありません。なかなか合格につながらないと努力が報われず、不安になりがちです。本人も苦しいですが、苦しんでいる子供の姿を目の当たりにする親も気苦労が絶えません。ここでは、医学部予備校に通う多浪生に対する親の心得について紹介します。

多浪生が発症しやすい受験うつとは

うつ病は現代病と言われるほど、誰がかかってもおかしくないと言われている病気です。受験うつという言葉があるように、受験生の中でも病気を発症してしまう学生が増えています。うつになる主な原因は精神的な重圧ですが、周囲からのプレッシャーや自信喪失、モチベーションの喪失などがきっかけとされています。

大学受験に失敗するということは、精神的にかなりショックを受けます。それを毎年繰り返していたら、どんどん自信も失いますし、人と自分を比べて自己嫌悪に陥る度合いも深くなるでしょう。モチベーションを保つこともかなり難しくなります。

医学部は受験が難しいためか、浪人の割合が他の学部よりも多く、医学部予備校に通う予備校生の中には、何度も挑戦している人も少なくありません。ですが毎日プレッシャーと戦いながら、過酷な受験勉強を続けるという状況が長引けば、精神的に悪影響が出ていらいらする、情緒不安定になるまたはカラダが机に向かわないなどの症状が出てきます。

うつが重症化すると日常生活に支障をきたしたり、自傷行為に出る場合もありますので、精神的負担を軽減し、病院で適切な治療を受けるなどの対応が必要になります。中には受験が終わってから病院に連れて行くと考えている親もいるかも知れませんが、うつは放っておくと重症化するリスクが高まりますし、何かをきっかけに症状が急速に悪化することも考えられます。

受験うつというものがあるということを心得て、子供と接する時はよく相手を観察するようにしましょう。

多浪生が過ごしやすい環境を作る親の心得

思い通りに行かずにイライラしたり、表情が暗くなる子供を見ると、自分のことのように苦しむ親も少なくありません。どうにかしようとあれこれ口を出したり、励まそうと行動に出るかもしれませんが、それが逆効果を生むこともあります。

不合格を繰り返してきた多浪生にとって次は必ずとか、頑張れば大丈夫などという言葉は、虚しく響くだけです。頑張れと言われても、これ以上何をしたらいいのかと、プレッシャーを感じる子供もいるかもしれません。

良かれと思った一言で傷ついたり、プレッシャーを感じたり、または自尊心を傷つけることにもなりますので、気をつけたほうが良いでしょう。焦りや不安は子供の精神的負担を重くしてしまうだけなので、口に出さないようにするのが無難です。

一番良いのは勉強について何も言わないことです。子供は子供なりに努力していることを認め、見守る姿勢に転じたほうが、良い結果が出ることもあります。なにか困ったことや辛いことがあったらいつでも話してね、信じて見守っているよ、と一言声をかけておくと、子供も安心するのではないでしょうか。家族の団らんを大切にし、コミュニケーションを取ることは、親に話しやすい環境づくりにつながります。

勉強に対してできるだけプレッシャーを与えないようにすることが必要だからといって、勉強の話を不自然に遠ざける必要はありません。話すべきことはしっかりと話し、お互いストレスを溜めないことが大切です。

多浪生をサポートする食事のコツ

栄養が偏ったり不足すると、イライラしやすくなったり、受験うつの原因にもつながりますので、できるだけ栄養を考えた食事は欠かせません。食事のサポートは親の役割の一つですので、子供の栄養を考えた献立を考えるようにしましょう。

これだけ食べていれば健康を維持できるというものはなく、様々な食材から栄養をとるのが無難です。主食・主菜・副菜・汁物と意識するだけでも、栄養のバランスが良い食事が思いつきやすくなるのではないでしょうか。

食事は必要な栄養素を取り入れる手段という働きだけではなく、様々な活用方法があります。 例えば月に1回協力して一緒に夕ご飯を作れば、コミュニケーションがとれる機会になりますし、子供にとっても気分転換になりそうです。

普段家族揃って顔を合わせる機会は少ないですが、食事は貴重なコミュニケーションの場となります。食事中無理に会話する必要はありませんが、子供の様子をうかがいながら、会話を楽しんでみましょう。食後の家族団らんも、コミュニケーションの場としておすすめです。

食べ物はストレス解消に役立つことがありますが、自分の好きなものを食べている時、ほとんどの人は喜びを感じます。もし体に良くないからと控えていた好物があったとしたら、時々思い切り食べさせてみてはいかがでしょうか。

食べ方や食べる量でもストレスやうつの兆候を確かめることができます。好きなものを食べている時の表情が乏しかったり、食べ方がいつもと違って多い・少ないなどの様子が見られたら、精神的に大きな負担を抱えている可能性があります。少し様子を見て改善されないようなら、医師や専門家に相談すると良いでしょう。

 

医学部予備校に通う予備校生の中には、多浪生も少なくなく、プレッシャーと戦いながら勉強を進めています。親の接し方で子供の精神的負担にも変化が現れますので、これまでの接し方を見直し、子供になるべく負担がかからないよう接していくことが大切です。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧




サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧