【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

合格率が上がる!?医学部の推薦入試の種類まとめ

難関と言われる医学部受験も、推薦入試を利用すれば合格率がアップするかもしれません。今回は医学部の推薦入試の種類について、出願条件はどんな内容になっているかを紹介します。また、推薦で医学部を目指すのであれば、医学部予備校を活用するのが有効なので、その詳細についても紹介します。

そもそも推薦入試ってどんなものなの?

推薦入試とはどのようなものなのかというと、出身校から推薦を受けて選抜される入試制度のことを言います。一般入試よりも早い時期に受験することができます。大抵は高校の校長から学業成績やスポーツ、課外活動などで一定の水準があると認められた場合に利用することが可能です。

医学部の推薦入試では、書類審査や小論文、面接などによって医療従事者に向いているかどうか審査されることが多いです。大学の中には学力試験を行う場合もあります。

推薦入試では専願制である場合が多いので、他校と併願することができません。したがって合格したら辞退することができないので、推薦を利用する場合はよく考えてから実行することが大切です。しかし不合格であった場合は、その大学の一般入試も受けることができるので、2回チャンスがあるということになります。

医学部以外の学部であれば倍率が1.1倍から2倍程度なので、ほとんどの生徒が合格することができます。しかし医学部の推薦入試は4~5倍という高倍率なので、合格できないケースもあります。ただし医学部の一般入試に比べれば、倍率はかなり低くなっているので医学部合格の可能性が上がると言えるでしょう。

医学部の推薦入試を目指すのであれば、推薦対策講座を設置している医学部予備校を活用するのがおすすめです。さらに医学部の推薦は、現役生だけでなく浪人生にも対応しているという特徴もあります。

医学部の推薦入試の種類はどんなものがあるの?

医学部の推薦入試は、国公立医学部と私立医学部の二種類があります。国公立医学部の推薦はほとんどが公募推薦で、高校の評定平均値が4.3以上という厳しい基準が設けられていることが多いです。

さらに学校の成績だけでなくセンター試験の得点率が85%から90%くらいクリアしていなければならないので、かなり難しいものであると言えます。そのうえ、一般入試のように記述や論述形式の試験を行うケースもあるので一般入試の学力と同じくらいの実力が必要なります。

私立医学部の推薦は、公募推薦の他に地域枠推薦などの種類があります。他にも付属校内部推薦やAO、編入枠などの特別枠もあり、国公立医学部に比べて推薦枠が豊富にあるという特徴を持っています。私立医学部の推薦入試では、英語や数学、理科などの基礎知識を問われる試験が実施されることが多いですが、一般入試ほどの難しさはありません。

国公立と私立に共通している点は、小論文と面接が重視される点です。小論文では考え方や思考方法が医師に向いているかどうかを審査され、面接ではコミュニケーション能力や人柄などが評価されます。さらになぜこの大学で学びたいのかを問われることが多いです。

このように推薦入試では学力以外のところをチェックされることが多いので、それらの対策を医学部予備校などでしっかり行うことがポイントになります。

推薦で医学部に合格するにはどんな対策が必要か

推薦で医学部に合格するためには、国公立・私立に関わらず学校の評定平均が重要になってくるので、早いうちから対策していくことが大切です。まず学校の授業をまじめに受けて評定をなるべく高くしておくことと、部活動や課題活動を積極的に行う必要があります。

小論文や面接では医学や医療に関する一般的な知識を求められることが多いので、新聞やニュースなどから情報を仕入れておくことが大切です。これらの対策はなるべく早めに行うのが有効なので、中高一貫校に通っているのであれば、中学生の内から対策を行うことをおすすめします。

さらに推薦入試の試験内容は非公開になっていることが多いので、試験を受けた先輩などから情報を得ることがポイントになります。もしそのような先輩が見つからないのであれば、医学部予備校から情報を得るのがおすすめです。推薦対策講座を設置している医学部予備校であれば、推薦に関する情報を豊富に持っているので、比較的有利に対策を進めることができるからです。

医学部の推薦入試は倍率は低いですが、受験者のレベルが高いので、十分な対策が必要になります。医学部予備校では具体的にどのような対策を行っているかというと、願書の作成方法の指導や小論文対策、面接対策などです。これらの対策は大学ごとに分けて行われているので、自分が受験する大学に合った対策を行うことができます。

 

推薦で医学部を受けた場合の種類や出願方法、どのような対策が必要かを理解することができたでしょうか。医学部の推薦は、普通に受ける場合より倍率が低いですが、受験者のレベルが高いので、早いうちから対策をすることがポイントであると言えます。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判