【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部受験|医学部合格までの1年間のスケジュールの立て方

医学部を受験する場合には、合格するために必要なスケジュールをしっかりと立ててから行動する必要があります。前もって準備した計画にそって試験勉強をすれば、十分にゆとりを持って試験に臨むことができます。ここでは、これから医学部の受験を考えている受験生のために、効率的な1年間のスケジュールの立て方について詳しく紹介します。

1年間の初めの時期のスケジュール

医学部を受験しようと考えている受験生が、1年間の一番初めにしなければいけないのは、勉強をするための医学部予備校選びです。どの医学部予備校を選ぶかによっても、試験の成績に大きく差がでる場合もあるので、1年の初めに医学部予備校を選ぶことには非常に大きな意味があります。

集団のクラスで授業を教えている医学部予備校のほかに、個別授業を行っているような予備校もあるので、自分の勉強しやすい環境で勉強できる医学部予備校を選ぶことが大切です。受験をするまで1年間ずっと通うことになるために、通いやすい場所にある医学部予備校を選んだほうが、通学にも便利です。

在学生の場合にも卒業生の場合にも、4月から7月までの期間は非常に大切な期間です。この期間で医学部に合格するための基礎的な学力をしっかりと身につける必要があるために、基本的な事項の復習に時間をさいて勉強できるようにスケジュールを立てる必要があります。

まだ、どこの大学を受験するのか決めていない人の場合には、遅くとも7月頃までには、受験する学校を決めておいたほうが、後の計画も立てやすくなるため、できるだけ早く受験する大学を決めたほうが無難です。自分の現在の学力や、残りの期間で向上できる学力なども考慮して、自分の受験する医学部を決める必要があります。選択した学校によって、勉強の仕方も大きく変化していきます。

1年間の中間の時期のスケジュール

医学部受験のための計画を立てるうえで、合格に大きく左右する可能性があるのが8月のスケジュールです。8月は在学生も学校が休みになるので、受験勉強に集中することができるために、多くの受験生にとって非常に大切な時期になっています。

この時期には医学部予備校でも合宿や集中セミナーなどが開催されることが多いですが、こうしたセミナーに積極的に参加することで、学力を短期間で大幅に向上させることができます。合宿などに参加するためには事前の申し込みが必要な場合も多いですが、開催される数ヶ月前から申し込みが始まっているような場合もあるので、常日頃からチェックしておく必要があります。

夏休みが終わった9月から後の時期は、医学部を受験する受験生にとっては、最後のラストスパートを行う時期になります。今まで覚えたことをしっかりと復習して、覚え忘れていることや、見落としている点がないかをしっかりと確認していく作業に時間を費やす必要があります。

また、受験する医学部の入学試験に、面接や小論文が課される場合には、これらの試験対策も、遅くとも11月頃までには終わらせておく必要があります。試験の行われる日程が早い学校の場合には、より早い時期に面接や小論文の対策をしておいたほうが、余裕を持って試験に臨むことができます。面接や小論文の結果が、試験の結果に大きく左右する場合もあるので、油断できないポイントです。

試験を受ける日前後のスケジュール

12月から3月にかけての時期は、医学部を受験する受験生にとっては、1年間の学習の成果が試される非常に重要な時期になります。これまで勉強してきたことを、本番の試験で出し切ることができるように、しっかりとした計画を立てる必要があります。

この時期において特に注意をしなければいけないのは体調の管理です。受験をする日に最高のコンディションで試験を受けることができるように、常日頃から体には気を配って受験勉強の最後の仕上げをする必要があります。

公立の医学部を受験する受験生の場合には、まずセンター試験を受験する必要がありますが、センター試験は毎年1月中旬の土曜日と日曜日に行われます。センター試験で一定の成績を取らないと二次試験を受験できない場合もあるので、公立の医学部合格を目指している受験生の場合には、この日を一つの目安にして、試験勉強のスケジュールを立てる必要があります。私立の大学の医学部の場合、1月から2月の時期に試験が行われることが多いですが、試験を受験する前には、事前にしっかりと準備をしておくことも大切です。

特に重要なのが試験が開催される受験会場の確認です。大学のキャンパスで試験が行われる場合には、遅刻しないで試験を受けることができるように、事前に電車の乗り換えなども確認しておく必要があります。試験の前にあらかじめ試験会場を訪れておけば、本番の日にも迷わないで会場に行けます。

 

しっかりと年間のスケジュールを立てて勉強することで、これから医学部を受験する受験生は、効率的に試験勉強を進めることができます。特に重要なのが1年の初めに行う医学部予備校選びで、時間を十分にかけて、勉強する予備校を選ぶ必要があります。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判