【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

多浪生の医学部受験が厳しいと言われる理由とは

多浪生の医学部受験は厳しいと言われていますが、何度か浪人していても、医学部に受かるケースは多いので、多浪生でも医学部受験に成功することは十分に可能です。

ただ医学部予備校でもよく噂されている通り、多浪生の医学部受験が厳しいと言われているのにはいくつかの理由があります。

学力が低いと思われてしまう傾向があるため

浪人してしまうと医学部受験が厳しくなる、と医学部予備校でも言われている理由として、「学力が劣っていると思われてしまう」傾向が挙げられます。一浪ぐらいならともかく、度々受験に失敗していると、「基礎学力自体に問題があるのでは?」と大学側に思われる可能性があります。

医学部は他の学部とは比べものにならないくらい、入学してからも難しい課題が続きます。しかも国家試験も控えています。基礎学力が劣っていると入学してからも授業についてくるのが難しいのかも知れない、と不安要素を残してしまいます。

また、大学側としても、入学後、国試に一発合格するような優秀な人材を求めていることは間違いありません。そのため、合格ラインの学力に達するまでに何年間要したのか、というスピード感が重視される可能性も否定できません。医学部合格までに何年もかかっている浪人生は、国試の一発合格も厳しいのでは、と疑問を残してしまう恐れがあります。

確実に医学部受験を成功させたい、と考えるのであれば、医学部予備校ともよく相談の上、目標大学を変更するのも有効です。特に、多浪生が合格しにくいと言われている大学なら、思い切って受験する大学を変えて、浪人のキャリアを重ねないことも大切です。もちろん、大学によっては多浪生でも無事に合格を果たしているので、合格者の傾向と対策を調べることから始めましょう。

大学合格後に遊んでしまう学生が目立つため

医学部予備校でも「多浪生は医学部受験が厳しくなる」と注意されることがあります。理由の1つに、大学入学後の学生の精神的変化が指摘されています。

医学部合格までに何年間もかかった多浪生は、尋常ではないストレスを長年の間抱えていたことになります。自分はもちろん、親や予備校、周りからのプレッシャーは相当なものです。お金も余計にかかることもあり、1年1年が地獄のようだった、と語る元多浪生も少なくありません。

長年のストレスのせいか、多浪生がようやく大学医学部に入学すると、一発合格した学生よりも、入学後に遊んでしまう傾向があると言われています。もちろん多浪生全員が入学後に遊ぶとは限りませんが、そういった学生が目立つため、大学側も真面目な学生により多く来て欲しい気持ちで、同じ学力なら多浪生より現役合格の学生を選ぶことがある、とされています。

医学部は入ってからも6年間みっちり勉強し、国家試験に合格しなければなりません。6年間真面目に勉強し、医師になってくれる人材が求められるので、入学後にはじけて遊んでしまう可能性が強い多浪生は医学部受験でマイナス要素になる可能性があります。

もし既に何度か浪人してしまっている場合、不利な条件を覆すためにも、合格ラインをはるかに超えて受かるよう、勉強に励むしかありません。現役合格の学生よりも高い点数を出せば、マイナス要素も吹き飛ばすことができます。

ストレートで医師になるケースが少ないため

多浪生の医学部受験が厳しいと言われるもう1つの理由は、多浪生はストレートで医師になる確率が低いという事実が関係しています。医学部に現役合格する学生は、実際に優秀な人間が多く、入学後も留年せず、国家試験にもストレートで受かる傾向があります。

反対に、多浪生は大学に入ってから燃え尽き症候群のようになってしまって怠けてしまったり、長年のプレッシャーから解放された反動で遊んでしまう傾向があるため、留年率も高く、国家試験に一発合格する確率も低いのが特徴です。

もちろん、浪人して入学しても真面目に学業に励み、国家試験にストレート合格する学生はいるので、あくまでも「そういう傾向がある」という一面に過ぎません。ただ、留年せず国家試験にもスムーズに受かって欲しい大学側が現役合格する学生を歓迎する傾向があることは否めません。

こういった一面を把握したで、面接の時は医師になる熱意を情熱的に語ると、面接官の印象もだいぶ良くなるでしょう。入学後の目標を具体的に語ることも効果的です。浪人してしまったことは覆せませんが、受験の時に高得点を目指し、面接でも「本気で医師になりたい」とアピールすることで、不利なイメージはかなり緩和されます。逆に、「何年浪人してもどうしてもこの学校に」と多浪をアピールポイントにすることもできるので、前向きに考えることも大切です。

 

何度か浪人していることは、マイナス要素になる可能性があることは事実です。ただ、面接で浪人してしまった理由を正直に説明し、入学後は理想の医師になるべく一生懸命頑張ることを伝えれば、合格する余地は十分にあります。大学側が求める人物像を理解しておきましょう。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧




サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧