【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部受験|小論文対策を始める時期はいつから?

医学部予備校に行って対策を行うべきポイントというのは、理科や数学などの5教科だけではありません。5教科以外にも、小論文が求められるケースも多く見られます。小論文は対策が必要ないと思っている方もいますが、学力以上に重視しているところもあります。では実際に小論文の準備をするなら、いつからスタートしたらいいのでしょうか。

遅くても夏までに!万全の状態で本番を迎えよう!

医学部合格に向けて小論文の対策を行うといっても、受験の直前になってからで問題ないと思っている方もいるかもしれません。しかし直前の時期というのは、文章を書くことの練習よりも受験勉強で穴がないかなどの確認に力を入れることも必要です。直前は5教科などの勉強に力を入れるためにも、早めに文章を書く練習を始めるようにしましょう。

実際に小論文の対策を始めるときの時期の目安は、遅くても夏までという形になります。夏の前から基本的な文章の書き方などの練習をしておくことで、本番前に焦らなくても冷静に対処することにつながります。

医者になったときには、学力だけではなく患者に症状などを説明するスキルがあるかどうかもポイントの1つです。そのため表現力を問うために、文章を書かせることにも力を入れている大学も多いのです。そのような状況に対処するためにも、できる準備はしっかりと行っていくようにしましょう。

医学部予備校に通っている方であれば、小論文の対策のためのコースも用意されています。文章を書くのが苦手で自信がないという方もいるかもしれません。そのような方は医学部予備校の対策のためのコースを利用して、少しでも良い状態で受験本番を迎えられるようにしましょう。

また予備校のコースを利用するときには、どのような環境が自分に合っているのか比較して選ぶことも忘れてはいけません。

最初に始めるべきことは何か知ろう!

医学部合格に向けて小論文の対策を始めるのであれば、最初にどのような点からスタートしたらいいのでしょうか。そのためのポイントの1つとしてあげられるのが、基本的なルールを確認するという点です。実際に文章を書いていく場合には、さまざまなルールが存在しています。気をつけなければならない言葉遣いや文章のルールを確認して、より良い内容が書けるようにしましょう。

そして試験で問われるポイントを知るというのも、合格に近づくためのポイントの1つになります。小論文のテーマには、必ず何かしらの意味が存在しています。その意味を把握して考えていくことが、合格に近づくための一歩です。

実際にテーマを読み解くためには、問題文の要約などを考えてみるのも1つの手です。問題文の要約を通して、何を問いたいのか考えていくことにつながります。このときそのまま本文に使われている言葉から考えていくだけではなく、別の言葉に言い換えて考えていくことも大切です。  出来ることなら問題文をそのまま繰り返すように文章を書くよりも、自分の言葉で言い換えた方が内容を理解しているとアピールしやすくなります

より良い文章を作っていくためには、ボキャブラリーを充実させることも必要です。時間を見つけて本などを読んで、自分の表現に使える言葉の種類を増やしていくことも忘れないようにしましょう。少しずつ時間を見つけて準備を進めていくことが大切です。

小論文対策は一人で行わないことが大切

実際に小論文対策を行っていくときには、過去問を解くなどの方法があげられます。そして対策をしていくときのポイントになるのが、自分一人で準備を進めるのには限界があるという点です。

一人で受験に向けて準備を進めようと思っても、書いた文章が良いのか悪いのか判断するのは難しくなります。良い文章が書けているかどうかは、第三者にチェックしてもらう必要があるのです。

医学部予備校に通っている方であれば、講師の方に自分が書いた小論文をチェックしてもらうことが可能です。第三者の目でチェックしてもらうことで、どのような点に問題があるのか判断することにつながります。文章の問題点などを確認したうえで、合格に近づくために何が必要になるのか考えていきましょう。

添削をしてもらって合格に近づくための文章が書けるようになるまでにはある程度の時間がかかります。他の受験勉強と並行しながら進めていくことになるので、余裕を持って対策を始めることが大切です。春くらいから少しずつ準備を進めていくことで、余裕を持って備えることにつながります。

実際に添削をしてもらって準備をするのが秋以降になってしまうと、思うような文章が書けずに直前になって焦ってしまう方も多くいます。直前に焦ることがないようにするためにも、早めに準備をして少しでも良い形で本番を迎えられるようにしましょう。

 

小論文は対策をしなくても余裕だと思っていませんか?しかし対策をしないと、文章のルールや問題で問われていることの判断が難しくなります。遅くても夏までには準備を始めて、万全の状態で本番を迎えられるようにしましょう。医学部予備校で添削をしてもらうことも大切です。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧




サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧