【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

医学部予備校はいつから通うのが正解?通い始めるベストなタイミングとは

医学部受験を考えているので医学部予備校を検討しているけど、いつから通ったらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。今回はそのような方に向けて、医学部予備校に通い始めるベストなタイミングを紹介します。他にも、医学部予備校にベストなタイミングで通うとどんなメリットがあるかについても紹介します。

高校に入った頃が通い始めるのにベストなタイミング

大学受験は少子化の影響によって、レベルの高い大学であっても比較的入りやすくなっていますが、人気の高い医学部受験は依然として難しく、しっかりと勉強をして対策をしないと合格することができません。そのような医学部受験では、医学部に特化した講義を行ってくれる医学部予備校が最適だと言われています。

しかし、医学部予備校が最適だということはわかっていても、一体いつから通ったらいいのかわからない受験生が多いのではないでしょうか。勉強時間をしっかり確保しなければならない医学部受験において、予備校に通う時期を決めるのはとても重要なことであると言えます。

まず考えなければならない点は、なぜ医学部予備校を利用するかです。予備校を利用する理由は、やはり効率的に学ぶことができるからなのではないでしょうか。同じ量の勉強をしたとしても、市販の問題集を解いていくのと、医学部に特化した問題をベテラン講師の解説を聞きながら解いていくのでは全然質が違います。

医学部受験では膨大な量の知識が必要になってくるので、早め早めに対策を練ることがポイントになります。早い人であれば、中学から対策をしている場合もあります。したがって予備校を利用して医学部受験に臨むのであれば、遅くても高校生くらいから始めるのがベストであると言えます。医学部受験では長時間の勉強が必要になるので、高校に入った頃から行わないと失敗する恐れがあるからです。

高校入学時から医学部予備校に通うメリットとは

高校受験を経て高校入学をした学生は、受験勉強がやっと終わったのでちょっとゆっくりしたいなと感じることが多いのではないでしょうか。また高校という新しい環境になるので、どんな学生生活になるかワクワクしている人も多いでしょう。

しかし医学部合格を目指すのであれば、次にやってくる大学受験を見据えてしっかりと医学部予備校で学ぶ必要があります。なぜなら医学部受験においては、早めに対策すればするほど合格率が上がるというメリットがあるからです。

高校3年生からなど遅い時期から利用してしまうと、勉強時間が足らず浪人してしまう可能性が高くなってしまいます。浪人したくないのであれば、なるべく早めに通い始めるのがおすすめです。

早めに医学部予備校を利用して学ぶメリットは、基礎的な部分を早めに終わらせることができる点です。高校に入りたての頃に医学部予備校を利用しておけば、高校で学ぶような基礎的な部分を早く終わらせることができ、その分医学部受験用の勉強ができるようになります。

実は医学部受験では、高校で学ぶような基礎的な部分以外に、受験用の特別な問題が出題されるので、それらの問題を解けるようなスキルを持っておかなければなりません。高校3年生から予備校に通うとなると、基礎的な部分に時間がかかってしまい、肝心の受験用の問題まで手が回らなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

現役生を対象にした医学部予備校の特色とは

現役高校生を対象に医学部予備校ではどのような内容を行っているかというと、高校2年の冬までに高校3年間で履修する内容を一通り終わらせています。コース設定は私立医学部希望と国公立医学部希望の二つのコースがあり、それぞれ特色が異なります。

難関私立大医学部に的を絞ったコースでは、知識をただ教えるだけでなく正解へ導くためのプロセスを教えてもらえるという特徴があります。1クラス9名以内の少人数制授業になっているので、講師との距離が近くわからないことがあったらすぐに聞くことができる環境です。

また学力別にクラスが細分化されているので、自分の実力に合ったクラスで授業を受けることができます。月曜から日曜まで、専用の個別ブースを朝6時半から使用することができるので、部活などで忙しくても勉強時間をしっかり確保することが可能です。

国公立医学部への合格を目的としたコースでは、センター対策と二次対策を万全にして受験突破を目指しています。授業内容は、要約や記述力を磨くようなハイレベルなものになっており、解答に至るまでの思考プロセスを重視しています。センター試験で90%以上の得点が得られるような独自のカリキュラムになっているので、安心して受講することができます。

国公立医学部の受験では理数系の科目や英語以外に現代文や古文の対策も行わなければなりません。その対策を行うためにも早めから対策することが重要であるといえます。

 

医学部予備校はいつから通うのがベストかを知ることができたでしょうか。現役合格を目指すのであれば、高校入学時から利用するのがベストであるといえます。医学部受験では膨大な量の知識が必要になるので、医学部予備校を利用してしっかり学ぶようにしましょう。

おすすめの医学部予備校比較ランキング一覧




サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧