【2020年度決定版】偏差値が低くても医学部合格が目指せる!?おすすめの医学部予備校比較ランキング!

第3位 メビオ

メビオの画像1

会社名 株式会社メビオ
所在地 〒540-0033 大阪市中央区石町2-3-12
代表番号 06-6946-0109
代表者 代表取締役社長 筒井 俊英
事業内容 医学部大学受験指導、個別指導、各種公開テスト、
教育講演会、各種入試ガイド、合宿イベント、ほか
創業 昭和55年4月 アレフ会として創業
設立 昭和56年11月 有限会社アレフ会設立
平成 8年12月 株式会社アレフに組織変更
平成12年4月 株式会社メビオに名称変更
資本金 1千万円
おすすめポイント熱血講師と至れり尽くせりのサポートが心強い!

2020年に創設40周年を迎えるメビオ。創設時からの総合格者のべ人数は5,437名、総進学者数は2,759名と、医学部合格者を多数輩出した実績を持つ医学部専門予備校です。

授業スタイルは「少人数制の集団指導」。メビオ独自のクラス分け方法で、生徒一人一人の実力を伸ばしていきます。

受験期のバックアップ・サポートが非常に手厚く、毎年講師が作成する予想問題集の的中率の高さは評判が高いことで有名です。

年間1,800時間以上の全力サポート

メビオの画像2

少人数制の集団指導

メビオの指導方法は少人数制の集団指導です。一人一人に指導が行き届くよう、常勤講師が細かくクラスを編成しています。

その数なんと、25クラス以上!在籍している約200名の生徒を、学力レベルだけではなく、性格、授業の受け方、得意科目・不得意科目といったカテゴリに分け、40名以上の常勤講師が授業や受験のサポートに対応しています。

クラスの編成時は、ただ成績順に分ける予備校も多いのですが、メビオのように多角的な視点で生徒を見守ってくれる予備校なら、集団指導でも丁度良いペースで学習できるはずです!

生徒の「分からない」に必ず応える体制

非常勤講師主体にする予備校の場合、講師が別の予備校と掛け持ちしていることが多く、授業後はすぐに移動してしまいます。そのため生徒は、分からないところがあってもすぐに質問ができない状況になりがちです。

メビオでは、40名以上の常勤講師が朝の8:30から閉館時間まで常駐しています。生徒が自力で答えを導き出せるまで対応し、「復習テスト」の成績が低い生徒は呼び出して再テストを実施するなどして、徹底的なサポートをおこなっています。

コースは4つ

メビオには4つのコースが用意されています。国公立クラスと私立クラスがあり、コースによって授業時間数が異なります(※季節講習は含まれていません)。

実際には生徒ごとに個別の時間割が作成されるのですが、公式サイトに見本の時間割が掲載されているので、目安としてチェックしてみてください。

・高卒生本科…年間授業時間数は約1,050時間です。

・高3生本科…国公立クラスの年間授業時間数は約700時間、私立クラスは約600時間です。

・高1・高2本科…自習時間との両立、本人の体力、科目間のバランスなどを調整しながら科目ごとに必要なコマ数を設定します。

・推薦本科…メビオの講師による特別講座です。近畿大学、金沢医科大学、福岡大学、久留米大学、推薦対策アラカルト講座として関西医科大学、兵庫医科大学、川崎医科大学の7つの大学別授業をおこなっています。

各大学の特徴を分析し、最適な授業をおこなっているので上記のうちのどれかに進学を考えている方にとって効率よく学べる機会になるかと思います。

食堂が校舎内にあり!専用寮も完備している

メビオの画像3

厨房+食堂で作り立ての食事を提供

受験勉強に集中できる環境には、受験生本人の健康も欠かせませんよね。メビオは生徒の健康も重視しており、校舎内に広々とした厨房付きの食堂を完備。

授業時間を優先しながらも、管理栄養士や調理師の資格を持つ専任スタッフが、食事の味や献立、栄養のバランス、衛生面などに細心の注意を払って朝昼晩の食事を提供しています。

食堂では欠食がないか毎食ごとにチェックがおこなわれているので、生徒は作り立ての食事を3食きちんととることができるだけではなく、遅刻や食生活の乱れを防止することもできます。

徒歩2分の専用寮

メビオでは、自宅から通うのが困難な生徒のために3棟の寮を併設し、管理・運営をおこなっています。校舎から徒歩1~2分圏内の治安の良い場所にあり、セキュリティも万全なので女子生徒でも非常に通いやすいです

敷金礼金なしで、家賃は月額8万2,000~8万7,500円。病院や銀行、コンビニなど周辺環境も良好です。

また、メビオの生徒のためだけの専用寮なので、もちろん一般入居者はいません。慣れない一人暮らしも、常駐の寮母を中心に講師・サポートスタッフなどがサポートしてくれるので、安心して受験勉強に集中できる環境が整っています。

受験期のバックアップもお任せあれ

メビオの画像4

出願スケジュールは講師がプランニング

私立大医学部を複数受験する場合、スケジュールが複雑化することは珍しくありません。そんな中、間違いのない完璧なスケジュールを組み立てるには、一次試験の実施日が重ならないよう調整したり、出願日のタイミングで試験日程が変わるなどの知識も必要です。

しかし、実際には受験生が受験勉強をしながら情報収集し、自力で複雑なスケジュールを組むのはなかなか難しいのが現状です。そこで、メビオでは担任講師が生徒の志望大学などをヒアリングし、その内容をもとに出願スケジュールのプランニングをおこないます。

また、入試会場近くの宿泊先の手配はメビオが代行。一次試験を突破すれば、そのまま二次試験の宿泊先も手配してくれるので、スムーズに現地入りできます。入試ラッシュの忙しい時期も安心ですね。

さらに、試験会場への地図や乗り換え案内などの詳細情報を記載したしおりを生徒ごとに配布してもらえるので、自分で調べる手間が省けます。大学によってはメビオ生専用のバスをチャーターし、会場まで送迎してくれることもあるので、余裕を持って試験に臨めます。

現地ホテルでもみっちり授業!

試験前日の夜は、現地ホテルで直前講習を受けられます。※試験会場が大阪周辺の場合、メビオ本校でおこなわれます。

直前講習は、講師が作成した「大学別の予想問題集」をベースにした授業内容になっており、予想問題集と入試問題の的中率が高いと評判です。講習には体調管理などをサポートする「サポートスタッフ」も同行するので、安心感が違います。

解答速報で次の試験も準備万端

当日、入試問題を入手できる場合、メビオの講師同士で分担しながら入試問題を解き、「解答速報」を作成します。解答速報とはメビオの講師が独自にコメントや解説を付け加えた入試問題の模範解答のことで、試験終了後に受験生全員に配布するものです。

生徒はこの解答速報をもとに復習をおこない、次の試験の準備ができます。

メビオの講師は業界一のスピードと正確さを目標に、解答速報の作成に携わっています。毎年的中率の高い予想問題集を作成できるのは、このように講師自身が毎年入試問題を解いているからこそ成せる業なのですね。

メビオの合格実績

メビオの2019年度の医学部合格者数は193名。2018年度の108名に比べて、激増していることが分かります。ちなみに一次合格者数は384名で、一校舎あたりの医学部医学科一次合格者数日本一の実績だそう。

2018年度の実績と比べた2019年度の実績は、大学別に見ても激増しています。具体的には、近畿大学が14名から27名、関西医科大学が4名から25名、大阪医科大学が4名から12名、兵庫医科大学が9名から33名となっており、関西圏だけでも60名以上合格者が増加しました。

メビオの学費

メビオの入会金は、全学年一律30万円です。授業料は月納制となっており、毎月請求書が自宅へ送られます。

授業料は授業時間数によって決まります。高校3年生は1時間につき3,900円、高校1・2年生は1時間につき3,500円です。なお、1授業あたりの授業時間は3.5時間となっています。

そのほか、食費や寮に関する費用(寮費・水道光熱費・傷害保険費用・退去時の清掃費用)がかかります。詳細はホームページにてご確認ください。

個別相談会に行ってみよう!

受験が始まる最後の1分まで無駄にしない「全力のサポート」が魅力的なメビオ。授業で分からない点があれば即座に対応してくれるのはもちろん、勉強以外の食生活や寮生活のことまで、親身になってサポートしてくれます。

予備校としての歴史も長く、これまでに多くの生徒を医学部へ送り出した実績を持っています。このメビオ生の輝かしい合格実績の裏側は、講師・スタッフの努力ときめ細かなサポートが支えているようですね。

メビオは上記でご紹介した情報のほかにも、まだまだたくさんの魅力を持つ予備校です。参加費無料の個別説明会を随時おこなっているので、気になる方はぜひ参加してみてください。

メビオを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

学費が1,000万円くらいかかる

学費が高いのは有名で生徒によっては1000万円くらいかかる人もいます。

ただし、授業やカリキュラムはしっかりしているので私大の医学部であれば短期間で合格を目指すことができます。他の予備校に通って何年も時間とお金を費やすくらいならメビオで必死に勉強したほうが良いかもしれません。

引用元:https://xn--ekry3qey0c.jp/

→メビオの口コミでは、学費が高いというコメントが多数見受けられました。入会金が30万円、授業料が1時間あたり3,900円で、食費や寮費などを追加すると人によっては1,000万円近くかかる計算になります。受験が終わってもその後は大学への入学金や授業料の支払いが待っていますから、金銭的に余裕のある家庭でなければメビオへ通うのは難しいかもしれません。ただ、こちらの投稿者さんの言うように、他の予備校へ何年も通ってお金と時間を無駄にするくらいなら、短期間で合格を目指すことのできるメビオを選ぶという選択肢もありでしょう。

質の高い解答速報

学費が高いことを除くと、良い予備校だと思う。
講師も受験生が間違いやすい部分を把握しておられ、アドバイスも的確である。
解答速報も質が高く、ボーダーの設定も的確である。

引用元:https://www.google.com/

→こちらの投稿者さんも学費が高いことには言及していますが、講師のアドバイスは的確で、良い予備校とのこと。メビオでは解答速報も即日制作・配布してくれますが、そのスピード感はもちろんのこと、コメントや解説を加えた模範解答は質の高さにも定評があります。ボーダーの設定も的確とのことですから、確実に合格できる大学に狙いを定め、落ち着いて試験に臨むことができますね。

校舎情報

住所:〒540-0033 大阪市中央区石町2-3-12 ベルヴォア天満橋
電話番号:0120-146-156
受付時間:9:00~21:00

サイト内検索
医学部予備校ランキング!
メディセンスの画像
第3位 メビオ
メビオの画像
第5位 yms
ymsの画像
第6位 メディック
メディックの画像
第7位 京都医塾
京都医塾の画像
メルリックスの画像
第10位 富士学院
富士学院の画像
記事一覧
おすすめ医学部予備校の口コミや評判